脱毛の歴史

脱毛の歴史は以外と古いんです。
最初に脱毛ができたのは1875年のアメリカと言われています。
そこで行っていた脱毛の方法は単純で発毛細胞に直接電流を流して
電気分解する方法…痛そうですよね。

 

 

その後はX線や高周波電流を利用する脱毛法が生まれましたが、
人体への影響などがあり、あまり定着しませんでした。

 

そして1928年に生まれたのが現在でも行われているニードル脱毛です。

 

肌に直接針を刺して電気分解と高周波を流すこの脱毛方法は、
永久脱毛の効果は高いんですが、痛みが激しいので有名ですね。
しかも毛根を1箇所ずつ施術するので時間がかかり、広範囲の脱毛を
終えるまで継続できない人が多数いるんです。

 

 

ですからその高い効果は残したままもう少し痛みを軽くできないか
ということで1970年頃に誕生したのがレーザー脱毛です。

 

針を刺さないでも毛の黒い色に反応するレーザー光線を出力し、脱毛する
この方法は今でもクリニックでの脱毛のメインとなっています。
ですが、出力エネルギーが高いために日本では医師免許を持つ医者しか
取り扱うことができないんです。

 

医師が行うということはその費用は当然高くなってしまうのでなかなか
軽い気持ちで挑戦できないのが悩みです。

 

 

レーザー脱毛の出力を誰でも安全に使用できる程度まで弱くして、安全に
しかも安価で使用できるようにしたものが1988年に誕生したフラッシュ脱毛なんです。

 

ただ単にレーザーのエネルギーをただ弱くするだけでなく、広範囲に照射できるようにし
レーザーよりも短時間での脱毛を可能にしたんです。
ですからフラッシュ脱毛は痛くなく、効果のある脱毛として多くの人に
利用されるようになったんです。

関連ページ

フラッシュ脱毛の痛み
フラッシュ脱毛ってよく聞いたり、電車内の広告で見かけるけど、費用や痛みがどのくらいか気になる人に参考になる情報を書いておきます。痛くない、という表現は何と比べて痛くないのか、人によって感じ方は全く異なると思いますから。
レーザー脱毛について
エタラビは5人に3人が乗り換え客というのを売りにして集客しているエステです。ただそのフレーズは数年前からずっと使われており、現状にはマッチしていない気もします。では実際のところ、そんなに他のサロンと比べて質が良いのでしょうか?
顔脱毛って痛い?
他の部分の脱毛よりも痛いと言われる顔脱毛。その理由は皮膚の薄さと毛の太さ。個人差はあるものの、やはりどこで受けても痛みは感じるようです。とはいえ、デリケートな部分でもあるので脱毛サロンよりは医療機関の方がよさそうです。
フォトフェイシャルと顔脱毛
フォトフェイシャルと顔脱毛って欲似てるように言われますが、実際どうなんでしょうか?顔脱毛を受けると同時にフォトフェイシャルの美顔効果があると言われますが・・・。ここでは両者の違いについてお伝えします。
熱くしなくてもOK
エタラビは5人に3人が乗り換え客というのを売りにして集客しているエステです。ただそのフレーズは数年前からずっと使われており、現状にはマッチしていない気もします。では実際のところ、そんなに他のサロンと比べて質が良いのでしょうか?
脱毛方法の違い
エタラビは5人に3人が乗り換え客というのを売りにして集客しているエステです。ただそのフレーズは数年前からずっと使われており、現状にはマッチしていない気もします。では実際のところ、そんなに他のサロンと比べて質が良いのでしょうか?
肘下の脱毛方法
エタラビは5人に3人が乗り換え客というのを売りにして集客しているエステです。ただそのフレーズは数年前からずっと使われており、現状にはマッチしていない気もします。では実際のところ、そんなに他のサロンと比べて質が良いのでしょうか?
VIO脱毛は痛い!?
下半身のデリケートゾーン周りのVIO脱毛ってほかの部位の脱毛よりも痛いってよく聞きます。最近では流行っている脱毛部位らしいですが、痛いのは怖くて嫌なんですが本当のところはどうなんでしょうか。
背中の脱毛について
エタラビは5人に3人が乗り換え客というのを売りにして集客している口コミでも人気のエステです。ただそのフレーズは数年前からずっと使われており、現状にはマッチしていない気もします。では実際のところ、そんなに他のサロンと比べて質が良いのでしょうか?このサイトではエターナルラビリンス、略してエタラビの口コミ評価を読んで思ったことや、わかったことを紹介します。
わき脱毛について
エタラビは5人に3人が乗り換え客というのを売りにして集客しているエステです。ただそのフレーズは数年前からずっと使われており、現状にはマッチしていない気もします。では実際のところ、そんなに他のサロンと比べて質が良いのでしょうか?