評価が真っ二つだった理由

脱毛サロンのエターナルラビリンス(通称エタラビ)は
通な人が選ぶ脱毛サロンとして一定の人気がありました。

 

 

一言で言うならコスパが良いから、でしょうか。
HPには月額約1万で全身脱毛できる、とあり
低価格ながらも高級感が味わえるのがウリみたい。

 

確かにエタラビのイメージは
低価格とは思えないほど、豪華でオシャレな感じです。
しかし、その口コミは賛否両論あります。

 

いろいろなサイトを見てみたのですが、
簡潔にまとめてみますと・・・

 

【良い点】
店内に高級感がある
個室なのにお手頃価格
剃り残しをケアしてくれる
タオルやガウンがいつでも新品で清潔

 

【悪い点】
スタッフ・店舗間格差が激しい
実はリボ払いじゃないか
予約取りづらい&予約システムが不便
思っていたよりも結構痛い

 

エタラビの口コミを纏めるとこんな感じです。

 

一言で言ってしまうと…

 

施術は悪く無い。
でも料金体系はわかりにくい。
一部誤解を招きそうな表現があった。

 

と言うこと。
細かいお金を気にせず、雰囲気重視の人がターゲットですね。

 

 

 

ただ残念ながらその料金等の不透明さが仇となり
2016年夏、一部業務停止命令をくらってしまいます。
誇大広告、事実と違うと解釈されたためでしょう。

 

この悪い口コミは、消費者庁に対して
何度も挙げられており、消費者庁もその都度
エタラビに改善要求をしていたようです。

 

それで改善される見込みがなかったから
最終手段に出ました…という感じですね。

 

しかし予定よりも早く業務再開したところを見ると、
クレーマーが過剰だった箇所もあったのかもしれません。

エタラビは再開したけど・・・行きますか?

ということで、エタラビはひっそりと募集を再開しました。
この、ひっそりと、と言うところがポイントです。

 

入会できるのはエタラビの公式ページからのみ。
電車内に広告も出さず、テレビCMもせず
再開したことすら知らない人が圧倒的だと思います。

 

今後エタラビはあまりお金をかけない方針のようですね。
突然の営業停止で収入が増えないのでは致し方ありません。

 

なので、これからエタラビに入会するのはお勧めしません。
新しい設備の導入には消極的でしょうし、
もしミュゼの会員もエタラビを使えるようになったとしたら
ますます予約がとりづらくなる恐れがありますから。

 

 

でも老舗の安心感から、エタラビが気になるというのなら・・・
幸いエタラビと経営母体が同じ
ラットタットという脱毛サロンがあります。

 

こちらは本当の月額制サロン
(月謝のような毎月支払い)ですから
途中解約の心配もなくて安心です。

 

内装も新しくし、ベテランのエタラビスタッフも
かなり移籍して今後新規店舗を増やすようです。

 

知名度もまだあまりないためか
予約がとれないという声も特に聞きません。
エタラビのマイナーチェンジ版といえそうですね。
(参考…ラットタットの体験記

 

料金も月額で考えるとエタラビより若干安くなります。
強いていえば内装が若い子向けなので、
好き嫌いが分かれるところかもしれませんね。

 

エタラビに思い入れが少ないなら

別にエタラビが好きでたまらない、というのでなければ
エタラビやラットタットにこだわる必要はありません。
もっとリーズナブルなサロンに行きましょう。

 

エタラビの口コミサイトでそれこそステマかと思うくらい
おすすめされているサロンにキレイモがあります。

 

なぜそんなにオススメなのか不思議でしたが、
条件面を見てみるとエタラビと非常に似ていて
しかもエタラビの弱点を上手くカバーしているのです。

 

料金は月額9500円。
(キャンペーンで初月は無料の時期もあり)

 

エタラビにそっくりですが、しっかり月額制なので
倒産のリスクを心配する必要がありませんし
万が一脱毛が肌に合わなくてもすぐ辞められます。

 

価格だけ見るともっと安いサロンはあります。
が、キレイモはスペックが色々と凄いのです。

 

 

完全個室で広い
そして内装も明るめできれいです。
(エタラビは入り口がカーテンの仕切りでした。)

 

■脱毛器が特殊なので、
冷却ジェルを塗らなくて大丈夫。
ジェルは温熱効果があるっぽい、ぬるいものを塗ります。

 

■痛みが段違いに少ない!
VIOや顔の上半分のような、デリケートな箇所も
普通のフラッシュ脱毛より全然痛くない
施術中眠ってしまうことすらあります。

 

■通う回数が少なくて済む。
何回もサロン通うのって面倒くさいです。
生理の時と重なると大変だし。
その点キレイモは2回で全身脱毛が終わり
しかもネット予約できるから変更も安心。

 

 

・・・と、至れり尽くせり。

 

実際私もキレイモに乗り換えて正解でした。
駅から近くなったし、スタッフさんも親切ですし。
(こればかりは店舗により差があるかもしれないので
あまり鵜呑みにしないでください。)

 

回数多くかかっても内装イマイチでも
とにかく安いのが(・∀・)イイ!!
という方でなければ、間違いなくおすすめできます。

 

その他の脱毛サロンはどうなの?

ちなみに他のサロンで月額制でなくても
そこそこ魅力的だなと思ったところも挙げておきます。

 

ミュゼ→勧誘らしき勧誘がない。
倒産騒ぎで一時話題になったが、接客力は高い。
部分脱毛だけなら費用もそこまで高くない。

 

電話予約ではあるものの、店舗ではなく
専用のコールセンターにつながるので、ストレスは少ない。

 

ということで、根強い人気がある脱毛サロンです。

 

ちなみに倒産の危機の時にミュゼを助けた会社と
エタラビに資金提供した会社は同じだそうです。
どちらも倒産させるには惜しいと判断されたのですね。

 

 

 

C3月7000円で通い放題
月額7000円と安いのに、回数期限がありません。
(そのかわり、通わない月でも7000円かかります)
最近ネット予約になって、相当予約のストレス減りました。

 

 

ちなみに通い放題の簡単な定義ですが、
全身脱毛が完全に完了する数年分
7000円払い続ければ、以降毛が生えても
無料で脱毛してもらえるというシステムです。

 

要はアフターケアしっかりついてますよって事ですね。

 

 

 

脱毛ラボ→機材最新、おまけにキャンペーンでかなり安い。
でも個室じゃないし、脱毛さえできれば十分という人向け。
(以前エタラビの広告でディスられてたのはたぶんここ)

 

月額制かつ毎月の出費がとにかく安いので
学生さんもたくさん通っておられます。
逆に言うと、落ち着きを求める方には向きません。

 

また全身脱毛が完了するまでに通う回数が多く
トータルの出費で見ればそこまで格安ではありません。

 

 

西日本の方は、ラ・ヴォーグがほぼ似たコンセプトなのでお薦めです。

 

脱毛機の販売を手がけている会社が運営しているので、
安くても安心して全身脱毛することができます。
こちらも月額制で毎月の支払額はかなり安いです。

 

最後に

どこの脱毛サロンに通うにしても言えることですが、
口コミを読む際には「何と比較して」なのかを
しっかり意識して読む必要があります。

 

 

例えば「高級感」一つとっても
月1万の割には高級そうに見えるのか、
あるいはリッツやヒルトンみたいな内装を指すのか、
それだけでも全然違いますよね。

 

痛みについても敏感な部分で痛みを感じるのか
それとも電気脱毛くらい痛いのか、
比較対象がないと表現しづらいところです。

 

そこはエタラビにかぎらず、どのサロンの口コミを
参照するときでも重要なポイントになります。

 

というわけで、長くなってしまいましたので
最後にどんな人にどのサロンがオススメか、まとめます。

 


月額制希望、かつクオリティも妥協しない人なら】

 

■回数少なく&冷たくないジェルが良い→キレイモ
■予約を取りやすい穴場が良い→ラットタット

 

ただ、ラットタットはまだ店舗数少ないので、
近くにない人はキレイモかラ・ヴォーグがよさ気。

 

 


マシンは新しく、値段は安く

 

(でも環境や雰囲気は特に気にしない)→ラ・ヴォーグ
(月額じゃないけど、無期限でいける)→C3

 

それ以外にこだわりがある方は、全身脱毛定額系ではなく
多少値段は上がるけど質追求型のサロンを探すほうが良いかも。
(前述のミュゼみたいな感じ)

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

更新履歴